筋力トレーニングは朝と夜どっちが効果的?

筋力トレーニングは朝と夜どっちが効果的か

筋力トレーニング,朝,夜,果的

 

朝に筋トレを行うと、汗を流して一気に代謝が上がって気持ちの良い1日が送れるようになります。朝は1日の内で一番体温が低いので、身体が動きにくいです。身体が活動モードでなければ、筋肉が硬く怪我をしやすいです。

 

血圧も上がりやすいので、高血圧の人は朝に筋トレを行うのは避けるようにします。夜に筋トレを行うと、夕食で筋肉に栄養が十分与える事が出来て寝ている時に筋肉が作られるのでトレーニングの効果が現れやすいです。

 

ただし、夕食直後や寝る直前の筋トレは避けるようにします。夕食直後に筋トレを行うと、消化不良を起こしてお腹が痛くなり筋トレが出来なくなります。寝る直前に筋トレを行うと、脳が覚醒してしまうので中々寝付けなくなります。

 

翌日の活動に影響が出てしまう可能性があるので、あまり良くないです。朝と夜どちらに行っても、行った日の翌日はしっかりと睡眠を取って効果を得られるようにします。どの時間帯が良いのかは、夕方の15から17時です。

 

夕方になると体温が高い状態になっていて、身体が動きやすいので効率良く筋トレが出来ます。また、筋トレの後に栄養のある物を食べると筋肉に栄養が行き届きます。

筋力トレーニングの効果的な時間帯

筋力トレーニング,朝,夜,果的

 

筋トレは食事の前後は行わない方が良く、空腹過ぎる時も避ける方が良いです。筋トレは食後2時間くらいに行うのが理想的で、昼食と夕食の間に行うのが1番理想的です。昼食後2時間後くらいになると体温が上昇するので、筋肉が動かしやすくなり効果が発揮されやすくなります。

 

この時間帯に出来ない場合は、夕食後2時間くらいに筋トレをして、入浴して汗を流すようにして寝ると良いです。筋トレの後は消化のタンパク質を摂取するのが良く、筋トレ1時間後くらいに食べると良いです。朝は筋トレを行わない方が良く、朝は体温が1番低いので筋肉の動きが滑らかではないためです。

 

ただし個人差があるので、ストレッチやヨガをして身体を温めてから筋トレを行うようにすれば朝でも大丈夫です。ストレッチやヨガは筋トレではないので、空腹時や食事前後に筋トレは行わない事で、後は自分に都合の良い時間帯を選んで行うようにします。

 

夕方の時間は中々仕事をしていたりすると出来ないので、ライフスタルに合わせて行うと効果的です。毎回同じ時間帯に行うようにすると、効果が出やすくなります。激しい筋トレを行った時は、2日くらいは休みを取るようにします。

 

筋肉が回復するために、休みは大切です。

寝る前の筋力トレーニングのメリット

筋力トレーニング,朝,夜,果的

 

寝る前の筋トレのメリットは、睡眠中に成長ホルモンの分泌が高まります。就寝前に成長ホルモンの分泌を高めには、血糖値が低い状態である事が必要です。筋トレは糖質をエネルギーにするので、終わった後は血糖値が下がってしまいます。

 

この状態で睡眠をするれば、就寝時に筋肉の成長に必要になる成長ホルモンの分泌が高められます。激しい疲労感があると睡眠を妨げてしまうが、程よい疲労感は質の良い眠りに繋げる事が出来ます。筋トレにより程よい疲労感を作る事が出来るので、質の良い睡眠を作れるようになります。

 

質の良い睡眠が出来ると、筋肉が成長するのにも繋がり大きなメリットになります。筋肉は超回復と言うプロセスを経ていく事で成長していくので、超回復は筋トレ後に筋肉が一時的に破壊されていきます。その後に回復していき、以前よりも強くなっていきます。

 

筋肉を付けるためには超回復は必要なプロセスで、寝る前に筋トレを行うと効果的に睡眠中の成長ホルモンが分泌されている間に合わせて出来るようになります。これにより、効率良く筋肉の回復と成長を促す事が出来るのです。

 

寝る前に筋トレを行うのはやり方次第で効果は変わってくるので、マイナスにならないように工夫をすると問題ないです。

VRUSH(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリの激安購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのVRUSH(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリも確認してみてください。